2011年03月16日

よせがきプロジェクト

『よせがきプロジェクト〜阪神淡路大震災被災者一同より〜』

東北地方太平洋沖地震被災者の方々へのアートの寄せ描きです。

生き残った人には生きる力が必要です。
水、食、睡眠、 連帯感、あたたかさ、そして、励ましの言葉です。
書きたい、描きたい方は各自が得意な画材と道具を持って参加して下さい。

まずはウーニーポンポンカウカウのアートスペースにキャンバスとなる大きな布を設置します。
それにベースとなる絵で埋めて行きます。
そして、メッセージを入れていく形にしたいです。
(菩須彦氏mixi日記より抜粋・編集)

参加者には、キャンバスの中で描く範囲などを教えます。不適切な
表現は当然NGなので、描く前に別紙にラフ画を描いて頂きます。まずは、
描いている姿を映像や写真に収めて、Webにアップします。本当は完成品を
すぐにでも被災地に送りたいのですが、今は混乱の元になるので、被災地が
少し落ち着いたら、JILLE(jllillj改め)さんの恩師の知り合い経由で送らせて頂きます。
是非、参加を!

期間:3月16日(水)〜19日(土)、20時〜24時、

会場:ウーニーポンポンカウカウ・アート・プロジェクト・スペース(UAPS)
open:19:00〜3:00AM
〒530-0027 大阪市北区堂山町13-5
地図 http://unipon2kau2.com/access_frame.html
Tel/Fax: 06-6313-2644
e-mail>>
website: http://unipon2kau2.com

※最終ペイントは20日(日)の『NPO法人 ふた葉 発起披露会』になります。
20日が最終日なのは、震災で亡くなられたJILLEさんの恩師への追悼の意味です。

その恩師はJILLEさんの高校の時の恩師で、阪神淡路大震災の時に被災し、
一文無しのJILLEをその時からずっと支えていた女性教師です。彼女は
定年退職し、故郷の岩手に帰りました。そしてこの忌まわしい震災。
1人暮らしで高齢の恩師との連絡もつかず、行方も分からずで、
JILLEさんは現地に向かいました。残念な事に、恩師は倒壊で亡くなられて
いました。恩師は『ふた葉』の設立を心待ちにしていました。

企画:JILLE

===================

個人的な追悼のようですが今回の地震、津波のすべての被災者へのエールでもあります。
皆様のご参加をお待ちしております。

微力ですが会期中の収益の一部を日本赤十字社の東北関東大震災義援金窓口を通して寄付させていただきます。


稲葉高志 (INABA, Takashi )
[u:ni:pon2kau2 art project space & bar]
〒530-0027 大阪市北区堂山町13-5
13-5 Doyama-cho Kita-ku, Osaka, Japan
Postal code 530-0027
******************
[HP]
unipon2kau2 http://unipon2kau2.com
PUZZLE PROJECT http://puzzle-project.org
[blog]
unipon2kau2 http://unipon2kau2.blogspot.com/
PUZZLE PROJECT http://puzzle-project.blogspot.com/
稲葉高志 http://inaba-takashi.blogspot.com/
posted by u:ni:pon2kau2 at 01:31| Comment(0) | exhibitions & events | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。