2019年10月05日

稲葉高志個展 "意図と法則と偶然" (時間の夢を見た後) | INABA, Takashi solo exhibition "Idea and principle and fortuity" (After I had a dream about time.)






稲葉高志個展
"意図と法則と偶然"
(時間の夢を見た後)

[会期]
2019年10月23日(水)〜11月3日(日)
水〜金17:00〜22:30
土・日・祝13:00〜18:00
※月・火 休廊

[会場]
pad GALLERY
〒530-0027 大阪市北区堂山町5-17 数寄ビル
http://pad-gallery.com/
パッドギャラリーへの道順
http://pad-gallery.wixsite.com/padgallery/contact

[Statement]
 2014年以来「時間」をテーマにした【時の積層 / Layers of time 意図と法則と偶然】というタイトルシリーズ個展をしてきましたが今回から【時の積層 / Layers of time】を無くしました。その理由はサブタイトルにあるように2019年のMI Galleryとpad GALLERYの個展の作品を制作し始める直前に『時間の夢を見た』からです。その夢を見て積層するのは事象(出来事)であって時間は積層しないのではないかという考えに至ったからです。時間はあくまでも事象を把握するための定規のようなものであり、事象が完全に止まっている状態、原子も電子も素粒子も何もかもが静止した状態(そのような状態はあり得ない、もしくはそのような状態に我々は存在できないでしょうが。)では時間はないのではないか。しかしその事象を観察する自分自身が常に変化し続けているので必然的に時間として認識しているのではないか。そういう考えに至ったため、今回から作品タイトルもサイン時の年月日時分の数字だけにしました。
 ただ作品には幾つもの事象または行為が含まれています。 私の鏡の作品で言うと樹脂を垂らす, 硬化させ更に樹脂を垂らす、鏡面にする、塗装する等など。 それらの積み重ねによってこれらの作品は存在し, 今まさに作品に反射して届いた光によって見えています。更に遡れば宇宙誕生から物質が現れ, 様々な種類の元素が出来, 様々な化学反応の結果,生物が誕生し, 様々な淘汰と進化の後に人間が誕生し, 様々な知識を獲得してそれを応用することによってこれらのものはここに存在しています。そのため、そのことを表しているタイトル「意図と法則と偶然」は今まで通り残しています。

2019年10月

稲葉高志
http://www.takashi-inaba.com
---------------------

INABA, Takashi solo exhibition
"Idea and principle and fortuity"
(After I had a dream about time.)

[Date]
10/23 (Wed) - 11/3 (Sun), 2019
Wed.,-Fri., 17:00-22:30
Sat., Sun., Holiday 13:00-18:00
* Closed on Monday and Tuesday

[Venue]
pad GALLERY
CEQUI Bldg, 5-17 Doyama-cho, Kita-ku, Osaka, 530-0027, Japan
http://pad-gallery.com/
Directions to pad gallery
http://pad-gallery.wixsite.com/padgallery/contact

INABA, Takashi website http://www.takashi-inaba.com
posted by u:ni:pon2kau2 at 00:20| Comment(0) | information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月04日

カルロ・ゴーリ個展 "Faces Of The Women" | Carlo Gori Solo Exhibition "Faces Of The Women"




pad GALLERY 1FのArtiqaでの展示に引き続きCarlo Gori展をウーニーポンポンカウカウにて急遽開催決定!

カルロ・ゴーリ個展 "Faces Of The Women"

会期:
2019年10月9日(水)〜10月19日(土)
10月12日(土)〜13日(日)休み

会場:
ウーニーポンポンカウカウ・アートプロジェクトスペース&バー
〒530-0027 大阪市北区堂山町13-5
http://www.unipon2kau2.com
Tel 06-6313-2644
Email info@unipon2kau2.com

[Statement]
世界の女性たち女性の顔は、どこにいても、常に特別な感情的な責任を負います。私は彼女達の勇気、希望、苦しみ、愛と命を与える態度を見ることができます。それらを描くことができるのは無尽蔵の喜びですそれは内面を見て、常にとても秘密で磁気的であり続ける世界の 部です。

彼の芸術は、責任感があり、支援的で寛大な人類のために、人々の思考のための感情とインスピレーションの源になりたいと思っています。

●Carlo Gori  (カルロ・ゴーリ)
マルチアーティスト、キュレーター
主にイタリア、イギリス、日本で活動

日本での展覧会多数
・2010年8月 松山 萬翠荘にて個展
・第18回丹南アートフェスティバル 招待作家
・2019年 6月 ローマ現代アート美術館MACRO
ーアトリエアーティストとして参加
ー[PAMの誕生]キュレーター兼アーティストとして経験豊富な日本人アーティストと共にPAM play art memeに命を与えた
・2019年7月 現代アートユニットMagureのローマでのアーティストレジデンス監修

-----------English-----------
Carlo Gori Solo Exhibition "Faces Of The Women"

Oct.9 (Wed) - Oct.19 (Sat), 2019
Open 17:00 - 3:00 AM
Closed from Oct.12th (Sat) to 13th (Sun)

Venue
unipon2kau2 art project space & bar
http://www/unipon2kau2.com
13-5 Doyama-cho, Kita-ku, Osaka, 530-0027, Japan
Tel 06-6313-2644
Email info@unipon2kau2.com

--------------Italian----------------
Dopo la mostra ad Artiqa alla Pad GALLERY 1F, la mostra di Carlo Gori si terrà presso unipon2kau2 (Woony Pom Pom Cau Cow) !

Mostra personale di Carlo Gori "Faces Of The Women"

date:
Dal 9 ottobre (mer) al 19 ottobre (sab), 2019
La galleria è chiusa il 12 ed il 13 ottobre (sabato e domenica)

luogo:
unipon2kau2 (Woony Pom Pong Kaukau) Art Project Space & Bar
〒530-0027 13-5 Doyamacho, Kita-ku, Osaka
http://www.unipon2kau2.com
Tel 06-6313-2644
Email info@unipon2kau2.com

La mostra ha ottenuto il patrocinio dell’Istituto Italiano di Cultura Osaka

[Dichiarazione]
I volti delle donne
≪I volti delle donne, di qualsiasi provenienza esse siano, hanno sempre una carica emotiva speciale: li guarderei all'infinito. Posso scorgere il loro coraggio, la loro speranza, le loro sofferenze, la loro attitudine ad amare e a dare la vita. Poterli dipingere è un piacere inesauribile; è l’occasione per guardarsi dentro ed essere parte di un mondo che rimane comunque sempre così segreto e così magnetico.≫ Carlo Gori.

L'arte di Carlo Gori vuole essere una fonte di emozione e d’ispirazione per i pensieri delle persone, per un'umanità responsabile, solidale e generosa.

● Carlo Gori
Artista multidisciplinare e curatore
Principalmente attivo in Italia, Regno Unito e Giappone

Ha realizzato molte mostre in Giappone.
・ Agosto 2010, mostra personale al Museo Bansuisou di Matsuyama
・ Artista invitato al 18 ° Tannan Art Festival
・ Giugno 2019, per il MACRO, il Museo di Arte Contemporanea di Roma:
- “Studio d’Artista”, residenza artistica di una settimana

- "La Nascita di PAM", Progetto artistico di 2 settimane con il gruppo giapponese PAM Play Art Meme nato per l’occasione, come curatore ed artista
・ 2019 Luglio 2019, ha curato a Roma la residenza artistica del gruppo giapponese Contemporary Art Unit Magure
・ “Metropoliz Città Possibile”, dal 13 settembre al 30 ottobre 2019 al Kobe Kitano Museum di Kobe
posted by u:ni:pon2kau2 at 00:29| Comment(0) | exhibitions & events | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする